矯正歯科|金沢文庫駅徒歩5分の歯医者、小児歯科|とも歯科クリニック

  • 〒236-0042 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-14-13 柳下ビル1F
MENU

矯正歯科

矯正歯科

Orthodontics

矯正歯科とは

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。

当院の矯正治療は歯並びの審美的な改善をすることが主な目的になります。歯のガタツキをなくすことにより歯の清掃性を良くして、残っている歯を長持ちさせる予防的な効果も持ち合わせています。さらに、成長期のお子様には、顎、顔の適切な成長発育を促す効果もあります。

子どもの矯正(小児矯正)

Orthodontics

子どもの矯正(小児矯正)は、あごの骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療

乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に成長を利用した治療を行います。(6~10歳)

第2期治療

歯の1本1本に装置をつけ、歯の根までコントロールして最終的なかみ合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

Orthodontics

治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者様のライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

矯正装置の種類

Orthodontics
マルチブラケット

マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。

デーモンシステム

デーモンシステム

デーモンシステムは、今までとは違うタイプのブラケットを使用した矯正歯科治療です。
治療期間が短い、通院回数が少ない、痛みが少なく歯や体に優しい、矯正治療のための抜歯の可能性が少ないこと等が特徴です。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の裏側に装着するため、装置を表に見せずに治療が行える矯正装置です。目立ちにくいため、成人の矯正が増えるにつれて需要が高まっています。表に装着するブラケットよりも価格は比較的高く、装置の調整には時間がかかります。

床矯正

床矯正

床矯正とは、床(しょう)と呼ばれるプレート状の装置を使い、装置についたネジを段階的に絞めていくことで歯列の幅を広げていく方法です。歯列を広げて整えるので抜歯をする必要がなく、装置は取り外しが可能なので、食事や歯みがきがしやすいのが特徴です。特に顎が成長段階の子どもの矯正に適しています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明なマウスピースタイプの矯正装置です。ブラケットやワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。マウスピースを2週間ごとに新しいものに付け替えていくことで歯並びを改善していきます。

マウスピース矯正(見えない矯正)

Orthodontics

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型の矯正装置です。マウスピースを段階的に取り替えていくことにより歯を動かしていきます。

マウスピース矯正のメリット

1.透明で目立たない

透明なマウスピース型の装置なので、笑ったときに着けていることがわかりません。
従来のワイヤー型の矯正装置のように笑ったときに装置が見えたり、食事のときに食べかすが装置に詰まったりといった、マイナスなイメージがないため、見た目を気にすることなく、歯並びを整えることができます。

2.0.5mmの厚さで喋るときも邪魔にならない

多くの方が想像するマウスピースとは違い、厚さが0.5mmと薄く作られていますので、喋るときに違和感が感じにくくなっています。

3.通院回数が少ない

歯が整っていく過程を専用のコンピューターでシミュレーションして、その過程にあった形のマウスピースを一度に制作するので、通院回数を2ヶ月に1回に抑えることが可能です。

4.自由に取り外し可能

従来のワイヤー型の矯正装置と違い、自由に取り外しが可能なので、食事中の煩わしさがありません。また、ご自身でお掃除も可能なので衛生環境を保つことができます。

5.金属アレルギーの心配がない

マウスピースは薄いプラスチックで作られているので、これまで金属アレルギーで矯正ができなかった方々にもおすすめです。

6.ホワイトニングと一緒に行うことができる

一般的にホームホワイトニングは、薬剤を塗ったマウスピースを装着することで、ご自宅で歯を白くすることができる方法です。マウスピース矯正中も同じマウスピースを使ってホワイトニングをすることができます。

マウスピース矯正のデメリット

装着時間が長い

一日22時間程度マウスピースを装着する必要があるため、食事や歯みがき以外の時はずっとマウスピースをつける必要があります。

食事の前後は煩わしい

食事の前にマウスピースを外し、食後は歯が清潔な状態で付け直す必要があります。

マウスピースをつけている間は水のみ

マウスピースをつけている時に甘い飲み物を飲むと虫歯のリスクが上がり、色のついた飲み物を飲むと歯に着色がつきます。口にしていいものは水のみになります。

当院の歯の型取り方法

Orthodontics

光学印象(3Dスキャナー)

当院のマウスピース矯正では、光学スキャナーを使って取得したお口のデータをもとに、治療の経過やゴールまでの道筋を、あらかじめコンピューター上でシミュレーションすることができます。

治療をスタートする前に、将来的にどのような歯並びになるのか、どれくらいの治療期間がかかるのかを、3Dアニメーションで見ることができます。患者様ご自身も、治療の過程を目で見て確認し、納得した上で治療を始めることができます。

シリコン印象

ゴムのような物です。吸水性がないので、変形が小さいです。硬化するまでに5分程、時間がかかります。